最新ニュース!!

メンボでバンドメンバーを探す時に気をつけたいポイントとは?

2016年3月24日

社会人音楽サークル ミュージッククラウド(@sessionmusicro1)です。

バンドメンバー募集の方法といえば、「楽器屋の一角に張り紙を貼る」「ライブでスカウト」そしてもう一つが「メンボサイトで募集」が主な方法かと思います。

「楽器屋に貼り紙を貼っていくこと」と「ライブでスカウト」には時間も労力も限界がありますね。

その反面、メンボサイトで募集するのはいつでもどこでもネットからできるので、とても便利かつ効率的です。しかし、このメンボサイトには注意点があります。

今回はそれについて書いていきます。

メンボサイトで会う約束をしてもドタキャンされる確率が高い

インターネットという習性上、仕方がないことです。

顔も合わせていない相手なのですから、ドタキャンはどうしても多くなってしまいます。「良さそう!」と思った人にドタキャンされて、その後も結局連絡が取れなくなった…なんてよくあることなのです。

ここが、ネットで募集するデメリットでもあり、注意すべきところなのです。

募集は一度やったら終わりではない。まめに更新しないといけない

今、メンボサイトは何十サイトと立ち上がっています。つまり、たくさんありすぎるのです。

スポンサーリンク

メンボサイトを使ったことがある人は分かると思いますが、新しく投稿されたメンバー募集の記事がどんどん上に表示されるので、ずっと前の記事はよっぽど探している人でない限り、見られないということ。

そのため、まめに多くの人に見られるように更新しないといけません。ここがネットの面倒くさいところなのです。

音楽性や演奏力は実際に楽器を交えないと分からない

とにかく、音楽性や演奏力というのは相性でも好みでもあるので、ここばかりは会ってみないと結局分からないのです。

ライブハウスであれば、演奏が見られるので自分と気が合いそうな人を見つけられますが、ネット上となるとここは難しいです。

実際に演奏をしてお互いの事を話せる「セッション会」は、メンバー募集に最適

おすすめは、楽器をお互いに交えてかつその後軽く音楽について話ができる「セッション会」でしょう。

お互いの音楽性や演奏力・演奏スタイルも知れるので、一石二鳥です。

我々が開催しているセッション会 ミュージッククラウド(musicrowd)では、月1回セッション会を開催しています。次回は、4月17日 16:00〜@新宿で行います。

ご参加希望の方、詳細を知りたい方は、こちらからお申し込み下さい。

スポンサーリンク