最新ニュース!!

勧誘行為について

2018年8月22日

2018年8月21日更新

先日、当団体において、他のコミュニティへの勧誘を受けて嫌な思いをしたという報告を受けました。

該当のコミュニティは運営側で認知しており、現在はその方達の出入りを禁止にさせていただきました。

勧誘行為におけるクレームや被害報告が頻繁にあるわけではありませんが、どうしても不特定多数の人が出入りする性質上、まれに勧誘目的・集客目的で参加される方がいると報告を受けることがあります。

そこで改めて、ここでは当団体における勧誘、告知、集客に関するスタンスを書かせていただきます。

集客・告知・勧誘に関するルール

以前までは、「勧誘」においては厳しいルールを敷いておりましたが。「集客・告知」に関しては、「他のコミュニティと流動的に行き来できる」ことを重要視し、特にルールを設けてきませんでした。

しかし、以上のような事態に発展したことから、ルール化します。

  1. 当団体では、ネットワークビジネス、宗教、情報商材の勧誘行為だけでなく、無許可での他団体・サークル・イベントへの集客・勧誘行為も禁止いたします。(注:常連だから、運営と顔見知り=許可にはなりません)もし、当該行為を見かけた場合、疑わしいと判断した場合は、今後一切の出入りを禁止するとともに、共同で開催しているイベント団体にも情報共有させていただきます。
  2. 出入り禁止措置については予告なく行います。特に通知等も行いませんので、ご了承ください。
  3. 当団体のイベント内で、他イベント・団体の告知・集客をしたい場合は、事前に運営スタッフまでご連絡ください。ただし、内容次第では告知・集客をお断りすることもあります。
  4. 強引なナンパ行為、執拗に女性への連絡を取る等の行為はおやめください。

ルールで全てを防げるわけではありませんが、当団体の規律、風紀を整えるためにも、今一度ご確認いただければ幸いです。

当団体は元々、様々な団体と共同してイベントを盛り上げていこうという想いを持っており、おすすめしたい団体であれば随時ご紹介しております。

しかしながら、人を集めるという行為には様々な労力がかかり、予想以上に時間とお金がかかります。

許可を取らず、集客目的で訪れて根こそぎ参加者を奪い取る、当団体の参加者を引き抜きコミュニティを作ることは「泥棒」と一緒です。

そういったスタンスの団体と到底、協力体制を築けるとは思えません。

上に該当する行為を見かけたことがあるという方は、一度、session.musicrowd@gmail.comまでご一報いただけると大変助かります。(もちろん、実名は伏せます)

勧誘行為でよくあるシチュエーション、誘い文句

当団体では、イベントの前後、最中における参加者同士のトラブルについて細心の注意を払っておりますが、逐一、行動の管理はできかねます。

下記では、ビジネス、ネットワーク、マルチ商法における勧誘行為でよくあるケースです。

もし、以下の事例に当てはまる場合は、高確率で勧誘の可能性が高いです。

これは、当団体に限らず、他のイベントでも同じことがいえるので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 友達が開催しているホームパーティーや貸し切りバーのイベントに誘われる
  • 尊敬している師匠を紹介するよと言われる
  • 「夢はなんですか?」「目標はなんですか?」と質問責めされる
  • 不労所得、キャッシュフローゲーム、ビットコインの投資、クワドラントという言葉を頻繁に使う

もちろん、上のことをしていても勧誘目的でない人もいるので、見極めが難しいところではありますが、以上のような手口で徐々に勧誘行為に近づけていきます。

音楽について話し合える仲間、フェスに一緒に行ける友達を作りませんか?

当団体では、音楽好きを集めた交流会を毎月多数開催中!興味のある方は、下記の画像をクリック!