最新ニュース!!

カラオケで英語の曲を上手く歌うコツって?ポイントを5つ紹介

社会人音楽サークル ミュージッククラウド(@sessionmusicro1)です。

カラオケで英語の曲を上手く歌えると本当にかっこ良いですよね。

しかし、なかなか英語の曲って歌手本人通りに歌えないもの。

この記事では、カラオケで英語の曲を上手く歌うポイントを5つご紹介します。

1.息継ぎのリズムを意識して聴き込む

カラオケで英語の曲を上手く歌う上で大切なポイントです。

日本語の曲と英語の曲では、息継ぎのリズムやアクセントが異なります。

この息継ぎのリズムというのがかなりミソで、息継ぎのタイミングを間違えると、思ったように声を出せないし、キーを上げることもできません。

まず、聴き込む際は、この「息継ぎ」を意識してみましょう!

2.カラオケで歌う時に、歌詞のルビを見ない

英語の上に振られているカタカナを読みながら曲を追うと、完全に棒読みで英語を読んでいる感じになり、急にダサくなります。

ですので、聴き込んで頭で覚えたものを再現する感じで歌いましょう。

歌詞のルビを見ながら歌うとつられちゃうので、参考にする感じがちょうどよいですよ。

3.本人の歌い方のクセを過剰に再現してみる

日本語と英語は発音がまるで違います。

スポンサーリンク

英語をそれっぽく歌うには、まずは振り切って真似をすることが重要です。

最初は、特に耳に残りやすいクセを過剰にマネしてみましょう。

最初はおかしくてもよいので、まずは振り切ってしまうこと。そこから、それっぽく調整していくのが良いです。

4.最初は音程よりも歌い方を真似しよう

何度も書いているように、カラオケで英語の曲を上手く歌うとなると、壁となるのが言語の違いです。

英語を歌いながら、同時に音程も真似するのはかなり至難の業です。どちらもおろそかになってしまうので、まずは歌い方、英語の発音から真似しましょう。

難しいのは、音程よりも発音なので、そちらから先に取り組んだ方がやりやすいです。

5.聞こえたままに英語をカタカナに文字起しして歌詞を覚える

なかなか、曲を聴くだけでは覚えられません。

そこで有効なのが、聞こえたままに英語をカタカナに文字に起こすこと

カタカナだったら、一気に覚えやすくなります。

あわせて、抑揚も記号などで記しておくと、曲全体を覚えやすくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

英語の曲を歌うのって難しいと感じますが、練習を重ねてコツさえ掴めれば歌えるようになるものです。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク